右向きの矢印のアイコン右向きの矢印のアイコン
写真撮影料金・見積もり
Photography fees and estimates

写真撮影料金・見積もり

撮影料金(カメラマン派遣料金)は「カメラマンの拘束時間」とカメラマンの各拠点からの「交通費相当額」をもとに見積もりします。
また、条件に応じて「有料オプション」「遠方出張料」が追加される場合があります。
インボイス登録済みの適格請求書発行事業者です。
Pricing

1時間¥12,500からの撮影費

撮影料金は安心の時間制です。時間内であればカット数に制限はありません。
最低発注時間は4時間からとなります。
編集を含む動画制作料金は25万円からのご対応となります。

インボイス登録済みの適格請求書発行事業者です。見積書・請求書に登録番号を記載いたします。

4時間以内拘束の場合の写真撮影費

カメラマン拘束料金

¥50,000

交通費相当額(東京23区内・大阪市内・名古屋市内・福岡市内の場合)

¥2,000

+ 消費税

10%

撮影料金

¥57,200

Photography Fee Schedule

拘束時間と撮影時間

カメラマンの拘束時間には撮影時間も含まれます。予約時の拘束時間と実際の撮影可能な時間の一覧となります。準備・片付け時間は目安です。撮影内容などにより準備に必要な時間は変動します。
また、動画制作(編集・ディレクション込み)でのご依頼の場合、拘束時間ベースでの見積もりではありません。

ここからスタート
撮影依頼を検討中の方はまず見積もりに進んでください
見積りフォーム
拘束時間

撮影可能時間

準備 / 片付け時間

撮影料金

4h

3.25時間

30分程度 / 15分程度

¥50,000
 + 交通費相当額

5h

4.25時間

30分程度 / 15分程度

¥62,500
 + 交通費相当額

6h

5.25時間

30分程度 / 15分程度

¥75,000
 + 交通費相当額

7h

6.25時間

30分程度 / 15分程度

¥87,500
 + 交通費相当額

8h

7.25時間

30分程度 / 15分程度

¥100,000
 + 交通費相当額

9h

8.25時間

30分程度 / 15分程度

¥112,500
 + 交通費相当額

準備と片づけの時間も含まれます

機材のセッティングとかんたんなお打ち合わせに30分程度、撮影終了後15分程度の片付けの時間が必要になります。

背景紙有りの写真撮影の場合には、40分準備、20分片付け。

拘束時間にはこのセッティングと片付けの時間も含まれています。指定時間までの完全撤収となる形でのご対応をお願いします。

撮影時間と撮影可能なカット数(写真撮影の場合)

機材セッティング後の撮影の流れは、「インタビュー風景」や「ポートレート」等、シチュエーションに合わせてまず照明(ストロボ)を利用しライティングのセッティングを行います。

ライティングのトーンなどをテスト撮影し、問題なければ本番の撮影を行います。本番の撮影でOKとなれば、次のシチュエーションに移動する…という流れを必要なカット数繰り返す形となります。

撮影内容によって1カット(「カット」は写真の「シチュエーション」「パターン」のことを指しています)の撮影時間に変動はありますが、大まかに照明の移動がない同じ背景でのポートレート撮影となると、1名あたり10分程度、移動を含む撮影の場合1カット15分程度(移動やセッティング時間も含む)が一つの目安となります。
一般的なコーポレートサイトの撮影の場合、4時間以内の拘束時間で撮影し終えるケースが多いです。

4時間以内は均一料金

 4時間以内の撮影はすべて均一の料金となります。

カメラマンの休憩

写真の品質を担保するため、可能であれば以下を目安にカメラマンの休憩時間を設定いただけますと幸いです。

・5時間以上の撮影の場合:空き時間に10分程度の休憩
・昼食時間をまたがる6時間以上の撮影の場合:空き時間に10分程度の休憩に加え、30分程度の昼食休憩

撮影の内容によりましては休憩時間の設定が難しい場合もあるかと思いますので、その場合には事前にご連絡いただけますと幸いです。(休憩時間はカメラマンの拘束時間に含まれます)

撮影当日の時間延長

カメラマンの次の撮影が入っていない場合に限り、1時間あたり1.25万円(税別)での拘束時間の当日延長も可能です。

撮影時間計算ツール

撮影内容を入力することで、概算のカメラマンの拘束時間を算出するエクセルシートをご準備しました。「ダウンロード」ページよりご確認ください。
Traveling Expenses

交通費相当額

交通費相当額は東京・大阪・名古屋・福島からの距離で算出いたします。

エリア別撮影料金
エリアごとの交通費相当額・撮影料金を確認する
撮影料金表を確認
エリア

金額

東京都23区内

¥2,000

大阪市内

¥2,000

名古屋市内

¥2,000

福岡市内

¥2,000

交通費は手数料として計上

見積書と請求書の金額を一致させるため、交通費は実費ではなく手数料として計上させていただきます。

駐車場のご相談をさせて頂く場合がございます

撮影内容によっては、車でカメラマンがお伺いさせて頂く場合がございます。
その場合には、駐車料金を実費請求させて頂く可能性がございますが、見積もり時にご相談させていただきます。

エリア別の交通費相当額を確認

市区町村ごとで交通費相当額を確認することが可能です。
Fee includes

撮影料金に含まれるもの

撮影料金は「カメラマンの拘束時間」と各カメラマンの拠点からの「交通費相当額」をもとに算出します。また、条件に応じて「有料オプション」「遠方出張料」が追加されます。

撮影機材費

カメラ・ストロボ等はカメラマンが持ち込み

ウェブ会議費

ご依頼前でも無料で対応します

色合い・明るさ調整費(RAW現像)

撮影データを一枚ずつ調整します

オンライン納品費

撮影日より1週間程度で納品

※お急ぎの場合には事前にご相談ください

Payment Method

お支払い方法

撮影後・納品前のお支払い(通常)

撮影日付近にご請求書を発行いたします。撮影終了後7日以内のお振込をお願いいたします。着金確認・撮影データの準備が完了次第、システムより撮影データが納品されます。

後払い(銀行振込)

納品後のお支払となります。予約完了後に後払いへの切り替え申請用のURLよりお手続きください。
「月末締め・翌月末払い」などご希望の支払いサイトを設定可能です。2回目以降のご依頼に関しましては手続きをいただかなくても後払いでのご請求となります。

前払い(個人)

個人事業主様からのご依頼の場合には前払い確認後、正式な予約完了とさせていただいております。
FAQ

インボイス制度に対応していますか?

当社はインボイス登録済みの適格請求書発行事業者です。見積書・請求書に登録番号を記載いたします。

見積もりの基準となる「カメラマンの拘束時間」とは何ですか?

カメラマンが指定場所に合流してから、解散が完了するまでの時間です。
具体的には、カメラマンが指定の場所にお伺いさせて頂き、準備・簡単なお打ち合わせをさせていただきました後、撮影に入ります。
撮影終了後、すべての機材を片付け、その場を離れるまでの時間となります。

拘束時間内でしたら撮影場所の移動等も可能です。

法人ですが請求書払いは可能ですか?

可能です。
予約完了時のメールに記載のURLより、後払いへの変更手続きをお願いいたします。
2回目以降のご依頼に関しましては手続きをいただかなくても、後払い(請求書払い)にてご対応させていただきます。

動画編集代金は含まれていますか?

動画制作の場合、動画編集費用を含んでお見積書を発行いたします。動画撮影、動画編集、ディレクション、交通費など動画制作に必要なコストをすべて入れてお見積いたします。
動画制作料金の目安は35万円(税別)〜です。

領収書の発行は可能ですか?

可能です。
送金後に領収書発行希望の連絡をメールにてご連絡ください。PDFデータにてお送りをさせていただきます。

休日料金や深夜・早朝料金はありますか?

ございません。

撮影料金は曜日・時間問わず均一でご対応しています。

ただし、電車が動いていない時間帯の場合はタクシー料金、前泊が必要な場合には前泊料金などを追加させて頂く場合がございます。

カメラマンの休憩時間は必要ですか?

カメラマンは撮影を優先して対応いたしますが、写真の品質を担保するため、可能であれば以下を目安にカメラマンの休憩時間を設定いただけますと幸いです。

  • 5時間以上の撮影の場合:空き時間に10分程度の休憩
  • 昼食時間をまたがる6時間以上の撮影の場合:空き時間に10分程度の休憩に加え、30分程度の昼食休憩

撮影の内容によりましては休憩時間の設定が難しい場合もあるかと思いますので、その場合には事前にご連絡いただけますと幸いです。(休憩時間はカメラマンの拘束時間に含まれます)


値引きは可能ですか?

ご対応しておりません。‍

予定より早く撮影が終わった場合、撮影料金は値引きされますか?

ご対応させていただいておりません。

カメラマンのスケジュール自体をすでに確保させていただいていますため、何卒ご理解いただけますと幸いです。

背景紙を現場判断で使用しなかった場合、値引きされますか?

大変申し訳ございませんが、背景紙を使用しなかった場合でも見積額通りの料金をご請求させていただいております。
その他、以下の撮影オプションに関しては撮影終了後キャンセルを頂きました場合には、該当の項目を請求書より削除いたします。

  • 写真切り抜き
  • 写真プリント
  • リネーム
  • 文字入れ加工

クレジットカード払いには対応していますか?

対応していません。

クレジットカード払いサービスは終了しました。

カメラマンの1時間あたりの撮影料金はいくらですか?(写真)

1時間あたり1.25万円(税別)でのご対応となります。4時間以内は均一料金となり、撮影費用に加えて交通費相当額・遠方地の場合には遠方手数料が加算されます。

カメラマンの1日の撮影料金はいくらですか?

カメラマンを1日(6〜7時間)拘束した場合の撮影料金は7.5万円〜8.25万円(税別・交通費相当額別)となります。

Attention

留意事項

  • 交通費は見積書と請求書のズレを防ぐため、実費ではなく手数料として計上しています。(消費税が追加されます)
  • 4時間以下の拘束時間はすべて均一料金でのご対応となります。お値引き対応はございません。
  • 拘束時間は撮影現場への到着後からカウント開始となり、機材の準備時間やロケ地間の移動時間・待ち時間も含まれます。
  • 拘束時間にはカメラマンの出発地から撮影現場までの移動時間は含みません。
  • 撮影前の機材セッティングはおよそ30分程度頂いています。(背景紙のセッティングが含まれる場合には45分程度)
  • 撮影地間の移動は可能ですが、合流後の移動時間や休憩時間は「拘束時間」に含まれます。
  • 食事休憩等、撮影が止まる際も拘束時間としてカウントしますが、カメラマンは撮影を優先してご対応します。
  • 撮影機材や撮影地によっては車で機材搬入させて頂く場合があります。その場合には近隣の駐車場の実費料金を請求させて頂く場合があります。
  • 想定の拘束予定時間より早く撮影が終了した場合も、お見積もり金額の通りのご請求となります。
  • 背景紙オプション等、撮影現場での判断で追加機材等を使用しない場合にも、料金が値引きされることはありません。
  • 撮影当日のカメラマンの延長料金は一時間あたり1万円(税別)にてご対応させていただきます。ただし、次の現場等の関係上、必ずしも当日延長にご対応可能とは限りません。そのため、延長する可能性がある場合、事前に長めの拘束時間でご依頼いただくことをおすすめします。
  • 飛行機移動を想定した場合、ご依頼確定のタイミングや撮影日の変更等により見積り料金が変動することがあります。
  • 予約完了後のキャンセルやスケジュール変更は、キャンセルポリシーに則りキャンセル費用ご請求いたします。
  • 記載の金額は税別です。
Contact

無料の撮影相談をしませんか?

代表カメラマンに写真撮影に関してオンラインで直接相談できます。無料です。
「相談しながら見積書を作って欲しい」といったご要望でも大歓迎です。専用フォームからご連絡ください。
オンライン相談(無料)