ホーム右向きの矢印のアイコンサービス紹介右向きの矢印のアイコン

撮影依頼の流れ

撮影依頼の流れ(写真撮影)

 見積り依頼フォームから連絡後、最短即日〜翌営業日までに写真撮影の見積書と各種案内の情報のメールを送付します。
 発注依頼はメールにて発注の旨をご連絡頂き次第、すぐにカメラマンのスケジュールを確保します。

 写真は撮影日より一週間程度で納品となりますが、お急ぎの場合にはできる限りご対応させていただいておりますので事前にご相談くださいませ。

STEP

01

点が縦に3つ並ぶアイコン
ノートパソコンで作業をする様子のイラスト

見積もり・相談

見積もり連絡

 見積もりフォームより依頼内容の情報を送信します。最短即日〜翌営業日までにPDFの見積書や各種資料をお送りさせていただきます。
 見積りページではリアルタイムに概算の撮影料金を算出します。

 撮影地の住所、入り時間、拘束時間が未定の場合、お見積書を算出することは難しくなっておりますのでご注意ください。

ウェブ会議可能です

 事前の撮影のご相談に関して、ウェブ会議にてご対応可能です(追加料金は頂いておりません。発注前でも問題ございません)。弊社からですとGoogle MeetのURLを発行可能ですが、ZoomやMicrosoft Teams等ご指定のツールでもご対応可能です。

 Google Meet以外のツールでの会議をご希望の場合、お手数をおかけしてしまいますがURLの発行をお願いいたします。

STEP

02

点が縦に3つ並ぶアイコン
便箋のイラスト

依頼確定

撮影依頼はメールで完了

 正式な撮影依頼はメールにて「依頼確定」とご連絡を頂き次第、すぐにカメラマンのスケジュールを確保します。
 予約完了メールを受信した時点で、カメラマンの手配は完了です。ご希望に応じて、別途契約書の集結や発注書でのご対応も可能です。

※ 個人事業主様からのご依頼の場合、撮影料金を前払いいただいております。依頼確定の連絡後、着金確認次第予約完了となります。

予約確認メール発送

 当社システムより予約完了メールを送信します。
 同じ内容を担当のカメラマンにも共有しておりますので、予約内容に相違がないか必ずご確認をいただきますようお願い申し上げます。

STEP

03

点が縦に3つ並ぶアイコン
写真撮影をするカメラマンのイラスト

撮影当日〜色合い・明るさ調整(RAW現像)

ご指定の場所・日時にお伺いします

 カメラマンが必要機材を持ち込み、撮影を行います。
 撮影中は必ずご担当者様に同席頂き、ご確認いただきながら進めていただきますようお願いします。

一枚ずつ色合い・明るさ調整(RAW現像)します

 撮影後の写真は、カメラマンが一枚ずつ色合い・明るさを調整し、撮影日より1週間程度で納品準備を完了します。
 納品をお急ぎの場合には事前にご相談くださいませ。できる限りご対応させていただいております。

STEP

04

点が縦に3つ並ぶアイコン
銀行のイラスト

支払い

撮影日から一週間以内に送金をお願いします

 撮影日が近づくと、PDFの請求書を送付します(郵送には対応していません)。
 撮影当日のカメラマンの拘束時間の延長や、予定にない追加要件等が発生しない限り、見積書と同額のご請求額となります。

請求書払い(法人のみ)ご希望の場合

 納品後のお支払いとなる「後払い(請求書払い)」にも対応しています。ご希望の場合には必ず前もって申請を行って頂く必要があります。
 後払いを希望される場合には、予約完了時に発行される「予約完了メール」に記載のURLより後払い申請用フォームに必要事項を記入の上、送信することで後払いへの切り替え手続きは完了します。(審査あり)

振込連絡の必要はありません

 撮影費用の着金次第すぐに通知が入ります。別途お振込完了の連絡を頂く必要はありません。

STEP

05

点が縦に3つ並ぶアイコン
検品作業をする様子のイラスト

オンライン納品

データに利用制限はありません

 納品ファイルをダウンロードできるURLが送付されます。ローカルのコンピュータに保存を完了してください。納品データは商用・非商用問わずご自由にご利用いただけます。また、雑誌などメディアへの掲載時にクレジットを掲載頂く必要はございません。

指定サービスへのアップロード

 セキュリティ対策等の理由により納品用のシステムに指定がある場合、事前にご相談ください。ご対応いたします。

事務局内でのバックアップ保証期間

 納品データに関しましては、納品後一定期間事務局にて保管をいたしますが、バックアップ保証期間には上限がありますのでご注意ください。バックアップ保証期間に関しては、利用規約をご確認ください。

支払い方法

 撮影後に当社指定の銀行口座に撮影料金の着金確認次第、納品となります(法人の場合)。着金確認時にデータの準備が完了していればすぐにダウンロードURLが送付されます。
 後払い(請求書払い)にもご対応可能です。
ノートパソコンで作業をする様子のイラスト

1. 撮影依頼

撮影依頼はメールで依頼の旨を連絡するだけで完了です。
右向きの矢印のアイコン下向きの矢印のアイコン
写真撮影をするカメラマンのイラスト

2. 撮影

撮影依頼はメールで依頼の旨を連絡するだけで完了です。
右向きの矢印のアイコン下向きの矢印のアイコン
銀行のイラスト

3. 送金

指定口座への振込を確認次第、ダウンロード用のURLが送付されます。
右向きの矢印のアイコン下向きの矢印のアイコン
検品作業をする様子のイラスト

4. 納品

着金を確認次第、ダウンロード用のURLが送付されます。
ノートパソコンで作業をする様子のイラスト

1. 撮影依頼

撮影依頼はメールで依頼の旨を連絡するだけで完了です。
右向きの矢印のアイコン
手続きをするための紙に記入する男性のイラスト

2. 後払い申請

後払い申請ページより申請を完了してください。
右向きの矢印のアイコン
写真撮影をするカメラマンのイラスト

3. 撮影

カメラマンが指定の時間・場所にお伺いし、撮影を行います。
右向きの矢印のアイコン
検品作業をする様子のイラスト

4. 納品

着金を確認次第、ダウンロード用のURLが送付されます。
ノートパソコンで作業をする様子のイラスト

1. 撮影依頼

撮影依頼はメールで依頼の旨を連絡するだけで完了です。
右向きの矢印のアイコン
銀行のイラスト

2. 送金・予約完了

指定口座への振込を確認次第、予約が正式に確定します。
右向きの矢印のアイコン
写真撮影をするカメラマンのイラスト

3. 撮影

カメラマンが指定の時間・場所にお伺いし、撮影を行います。
右向きの矢印のアイコン
検品作業をする様子のイラスト

4. 納品

着金を確認次第、ダウンロード用のURLが送付されます。

・現金・クレジットカード決済には対応していません。
・個人事業主様からの依頼確定は、着金確定後となります。前払いが確認できない場合、撮影にお伺いできない場合もありますので、ご注意くださいませ。

写真の納品方法と納期

納品方法

納期

色調補正

条件

備考

ダウンロード納品

約1週間

調整済み

着金 or 後払い申請通過後

通常の納品方法

郵送対応

-

-

-

(郵送サービスは終了しました)

現場納品

即時

未調整

着金 or 後払い申請通過後

パソコンの用意をお願いします

その場でプリント

即時

未調整

着金 or 後払い申請通過後

プリンタ等の準備をお願いします

・納期をお急ぎの場合には事前にご連絡ください。できる限り柔軟にご対応させていただきます。
・未調整データ納品時、後日調整済みデータをダウンロード形式で追加納品します。
・DVD-R及びUSBメモリの郵送納品サービスは終了しました。
・「色調補正」はRAWデータのデジタル現像作業を指します。

教授のイラスト

出張撮影のメリット・デメリットとは

実際にプロのカメラマンに撮影依頼をしたい時、どのような流れになるのか紹介します。

写真事務所に依頼する

 まずは、カメラマンの事務所に依頼をするかフリーランスのカメラマンを直接探して依頼するかを決める必要があります。
 写真事務所に依頼する利点としては、撮影したい写真のイメージを事前に伝えることで、案件に適したカメラマンをブッキングしてもらえるという点が挙げられます。

 ただし、直前の依頼や候補日が限られている場合だと、人気のカメラマンのスケジュール調整は難しくなる場合もありますので、撮影依頼を出す場合には余裕を持って、連絡することをおすすめします。また、複数カメラマンにまとめて依頼する場合もカメラマンのブッキングをまとめて行えるので依頼側の負担が少なくなります。

カメラマンマッチングサイトで依頼する

事務所のようなカメラマンチームへの依頼ではなく、フリーカメラマンのカメラマンを直接さがすには、マッチングサイトを利用されることをおすすめします。カメラマンのマッチングサイトを利用する利点としては、カメラマンの作品やプロフィールを確認して直接メッセージでやり取りすることができます。また、運営会社で認証済みのカメラマンが登録されているサービスですので、安心感もあるでしょう。マッチングサービスの中にはプロカメラマンだけを検索・依頼できるサービスもあります。

依頼する撮影ジャンルを確認する

 カメラマン探しの方法が決まったら、改めて撮影依頼のジャンルを確認します。依頼を考えている写真事務所やカメラマンがその撮影ジャンルを得意としているか確認するためです。
 大まかな撮影ジャンルの分類は
  • 人物撮影(ホームページ写真やインタビュー写真等、概ねこのケースに当てはまります)
  • 建築写真(店舗や宿泊施設、物件等の外観・内観写真)
  • イベント記録写真
  • ブツ撮り(商品等の静物)
  • 料理写真
となります。

 その他にも「ウェディング(ブライダル)」「スクール(学校行事)」といった撮影ジャンルをメインとして撮影するカメラマンもいます。
 どのカテゴリに近い撮影となるかをを確認した上、写真事務所やカメラマンに相談することで、ミスマッチを減らすことができます。

カメラマンが事前に欲しい情報とは

撮影を相談するカメラマンが決まったら、詳細な打ち合わせを行い、見積もりをもらいましょう。
撮影依頼の際の情報として、カメラマン側が求めているものは、
  • 撮影したい写真のカットリスト
  • 写真の使用用途(ホームページへの掲載、パンフレットへの掲載、社内記録等)
  • 撮影時期(撮影日・入り時間)
  • 希望納期
  • 拘束時間
  • 撮影場所(名称・住所)
  • 予算感
といった情報です。

 他にも「このサイトのこの写真に近づけてほしい」という具体的なURLが提示されると、カメラマンとしては持ち込む機材等決めやすく、撮影自体がスムーズに進みます。

打ち合わせはオンラインがおすすめ

 「取引前に一度会社に来て話をしたい」という方もいらっしゃると思いますが、継続依頼ではない場合、本来は撮影を入れられるはずの時間に打ち合わせを入れることを嫌がるカメラマンは多いです。

 また、私の経験上撮影の内容の確認程度であれば、まずはメールや電話、SkypeやGoogleHangoutなどを使うことで済むことが多いです。事前にミーティングをしたい場合は、撮影のギャランティにミーティング費用を上乗せすることを打診しましょう。

撮影当日までに準備すること

ホームページ・会社案内撮影の場合

・希望リスト
「このような写真を撮影したい」といった簡単なリストを頂けますと助かります。
例えば、「インタビュー中の写真」「ポートレート(3名)」「働いている様子(一人3カット、5名分)」などと言った形です。

・掃除・片付け
撮影時部屋の内観などを撮影される場合があります場合、映り込む可能性のある場所の片付けを事前にお願いできますと撮影当日非常にスムーズです。

・デザイン資料
ホームページの制作会社やデザイン会社からワイヤーフレームやデザインカンプデータなどが届いている場合、写真の入る場所やイメージを確認しながら撮影を進めることができます。

・掲載先URL
ホームページのリニューアル等の場合で、現状のホームページがある場合、URLをお送り頂けますとイメージを近づけやすくなります。

イベントの記録写真撮影の場合

・進行表
イベントの簡単な進行表がありますと助かります。
詳細な台本などに関しましては、撮影をしながら目を通すことができません為、基本的にご準備頂く必要はございません。

・写真の使用目的の共有
「会社内の記録」「SNSへの投稿」「参加者への配布」や「レポートサイトへの掲載」などと言った使用用途がわかりますとイメージを近づけやすくなります。
レポートサイトへの掲載の場合、前回のイベントのURLをお送りいただけますと幸いです。

撮影当日は”カメラマンと一緒に”撮影をすすめる

 最後に一番大切であり、日々写真撮影を行っているカメラマン側からのお願いです。当日、企業の担当者様には積極的に撮影に参加していただきたく思っています。

 撮影対象となります社内の方々の当日のマネジメントや必要な写真のイメージを一番把握しているのは、当日お伺いするカメラマンよりも事前に会社の特色や一押ししたいポイントなどを十分に把握している会社のホームページや広報・PR担当の方になります。まれに、カメラマンにすべてを任されてその場を離れられる方もいらっしゃるのですが、より良いものを残すためにはそれではリスクが大きいです。
 ホームページやパンフレットのデザインにおいて、写真というのは非常に大きな面積を占め、会社のイメージなどに大きく影響を与えます。そのため担当者の方とも相談しながら、良い写真を残していきたい。それが私達カメラマンの思いです。
カメラマン専門のマッチングサイトで、全国のプロカメラマンを探す。
TOTTAは株式会社デルタクリエイティブが運営する、審査性のプロカメラマン探しサイトです。
カメラマンマッチングサービスTOTTAのスクリーンショット
TOTTAにアクセス